駅などでの鳩対策

駅などでの鳩対策

朝の通勤時、電車を待っていたら頭の上からクークーと鳩が鳴く声を聞いたことのある人も少なくないと思います。
ハトは温暖化と天敵がいないためか、年に数回卵を産み、爆発的に増えているのです。
駅の天井などは手ごろな隙間があり、天敵であるヘビもいないことから格好な巣作りの場所となっているのです。
動物愛護の観点から、温かく見守ることも大切ですが、糞を落とされたリしてはたまった物ではありません。
駅員に相談するなりして対策を取ってもらう事が大切です。
もっとも毎日利用する最寄駅ならいざ知らず、たまにしか訪れない駅や、仕事や遊びの途中で立ち寄った駅ならば、それも出来ません。
個人として取りうる対策としては、クークーという声が聞こえるとその場を離れることしかありません。
ハトは帰巣本能の強い鳥ですので、朝などは特に毎日同じ場所にいるはずです。
ハトの鳴き声が聞こえない場所で電車を待つように心がけましょう。
また、ハトを見てもエサを与えてはなりません。
与えたエサがやがて糞害となって戻ってくるのです。
そうなると個人の問題ではなくなってしまうのです。
糞害がひどくなると大掛かりな駆除が始まらないとも限りません。
これはハトにとっても幸せなこととは言えないのです。
ハトはペットではなく、自然に生きる動物なのです。

    管理人のおススメWEBインフォメーション

  • ヨーロッパの安全規格に適合しているリューベのオイル潤滑システムをお考えの方に、次世代総合潤滑システムがおすすめです。小型機械から大型機械まで対応したオイル塗布・吐油システムの構築にご検討ください。

Copyright(C) 自分でできる鳩害への対策法について All Rights Reserved.