鳩の性質について

鳩の性質について

害鳥の糞害などに悩まされている人は少なくありません。
鳩は平和のシンボルというイメージがあり、カラスや他の害鳥と比べ対策があまり行われていないのが現状です。
しかしながら、その巣や糞の害に悩まされている人は年々増加しているのです。
ではなぜ、都会でこれだけ鳩が増えたのでしょうか。
一つは猛禽類などの天敵が都会には少ないということがあげられます。
現状、都会で暮らす鳩にはその生存を脅かすものはいないのです。
そして温暖化と、豊富なえさの存在が彼らの生活を守っているのです。
これらの環境下、年に数回卵を産むという個体も増えているのです。
神社などへ行くと鳩が群れを成してエサをついばむのを見る事ができます。
神社という建物には隙間が多く、巣を作るのには絶好なのです。
人が多い神社では天敵もやっては来ない上、参拝者からはエサまでももらえるのです。
鳩は伝書鳩やレース鳩の例からも分かる用に非常に帰巣本能の強い生き物です。
一度気に入った場所を見つけるとその場所から離れることはあまりありません。
渡り鳥のように旅をすることはなく、同じ場所に居続けるのです。
一度巣を作るとその周辺から離れることはあまりありません。
そして生まれた子供も同じところにやがて巣をつくるのです。
これらのハトの性質を良く理解してハト対策を実行していく事が重要となるのです。

    Copyright(C) 自分でできる鳩害への対策法について All Rights Reserved.