鳩と共存するために

鳩と共存するために

ハトを嫌う人はあまり居ません。
カラスのようにゴミをあさって散らかすわけでもなく、人に恐怖感を与えるほど大きくもありません。
平和の象徴というイメージもあり、我々日本人はハトに甘い国民だといえます。
国によっては立派な食材となりますので、日本に暮らすハトは天敵も少なくまさに理想の場所と言っても良いかも知れません。
しかしながら、最近はハトの糞害などで困っている人が少なくありません。
しかしながらこれももとはと言えば、我々が招いたことなのです。
ハンバーガーショップなどのオープンテラスなどに座っていると、ハトにエサをやらないで下さい、と書かれた張り紙を良く見かけます。
これはハトの糞害を避けるためですが、それでもパンくずや、ポテトをハトに与えている人は居なくなりません。
何気なく、エサを与えたり、余ったものは捨てるのがもったいないからとハトに与えている人もいることでしょう。
しかしながら、塩がいっぱい振られているポテトや添加物がいっぱい入ったパンが、ハトの健康にとって良いものとは言えないのは明白です。
人は様々な物を口にしますからまだしも、塩分の強いポテトの一切れはハトにとっては毒に等しいのです。
ハトが足元に寄ってきても、エサは決してあげない。
これがハトの増殖を防ぎ、彼らとの共存を可能にする唯一の方法なのです。

    管理人のおススメWEBインフォメーション

  • 建設工事、土木工事、鉱山など、高さ2m以上の一般高所作業で安全を守る為のフルハーネスタイプの安全帯を探しているなら、左右独立させた腿部により束縛感が少なく、動きに支障が出ない工夫が施されているのでオススメです。

Copyright(C) 自分でできる鳩害への対策法について All Rights Reserved.